福岡市・春日市・大野城市に15斎場~葬儀・葬式・家族葬ならメモリード福岡

福岡地区

本日は『足袋の日』

メモリード施行部の角です。

今日は日本足袋工業会が1988年に制定した『足袋の日』だそうです。

確かにこの時季辺りから七五三やお正月、成人の日などに

和装で足袋を履く機会が多くなってきますね。

和装は日本人古来の正装とでも申しましょうか、

晴れ着のイメージが強く非日常感を満喫できます。

今でこそ喪服と言えば黒が定番ですが、

ご存じの方もいらっしゃるように戦前は白の喪服が定番だったそうです。

私自身は実際のご葬儀の際に白喪服を拝した経験はございませんが、

意味合いを調べてみるとなかなか感慨深いものがございます。

ちなみに、私どもメモリードの葬儀におきましては、

納棺正装の儀(のうかんせいそうのぎ)と申しまして、

他社様には無い弊社オリジナルの技術サービスがございます。

お亡くなりになられた方が成人男性であった場合は羽織袴、

成人女性でいらした場合は白無垢のお姿に、

真綿を一枚一枚丹精に折りまして、

あたかも召していらっしゃるかのようなお姿にお整えさせて頂いております。

宗教を問わず日本人ならではの正装と致しまして、

大変ご好評を頂いておりますが、

なかなか一般の方がお棺の中をご覧になる機会はございませんよね(^_^.)

一覧へ戻る ・・>

メモリードの施設を探す

株式会社メモリード

電話する 資料をもらう 見積りをもらう

通話無料24時間365日

095-861-4433

供花を送る 弔電を送る