飯塚の葬儀・葬式・家族葬ならメモリード飯塚

飯塚地区

コロナ禍と豊かな看取り

こんにちは。

 

 

 

飯塚支店施行部 張岳です。

 

 

7/20西日本新聞筑豊版に「コロナ禍と豊かな看取り」というタイトルで

筑豊総局長のコラムが掲載されていました。

 

 

ご自身のお母様を看取られた時、

前日に寒がるお母様の手をさすりながら、

とりとめのない思い出話をしたこと。

 

 

それが自分の中で救われた思いを抱けたということ。

 

 

それと緩和ケア病棟のお医者様へ取材された話。

 

 

その病院の緩和ケア病棟は、

24時間ペット同伴でも面会・宿泊可能であるのに、

感染拡大のため人数と時間の制限を設けなければならず、

それぞれのご家族の対応に苦慮されたこと。

 

 

感染症対応のためとは言え「緩和ケアの優先度が下がっている」と

感ぜられる動きが見られること。

 

 

コラムは、「豊かな看取りが軽んじられることがあってはならない」

と結ばれています。

 

 

 

私たちは仕事として、

その後のご葬儀に携わらせていただいています。

 

 

亡くなられた後とはいえ、

残された方の気持ちの整理をする大切な時間も、

コロナのために制限を余儀なくされています。

 

 

ご身内でもご友人でも、お参りを遠慮されて最後のお別れを出来なかった方は、

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

「豊かな看取り」と「お別れのための時間」は、

仕事や学校などとは別枠の人としての大切な時間だと思います。

 

 

また毎日コロナ感染者の増加が報告されていますが、

大切な時間を紡ぐためにも早く収束するよう願います。

一覧へ戻る ・・>